Vue.jsとは?特徴とできることを具体例を交えて紹介

フロントエンド開発を楽にしてくれるフレームワークが多くなっていますが、その中でもまずしっかりと習得しておきたいのがVue.jsです。

Vue.jsは最近のフレームワークに共通するコンポーネント指向の考え方が身に付き、またJavaScriptを利用してきたエンジニアであれば学習にそれほど時間を必要としません。

あなた
JavaScriptは利用してきたので、Vue.jsにもチャレンジしてみたい

そんなあなたは、高機能でさまざまな現場に導入しやすいため、Vue.jsをまず理解してから他のフレームワークに進むのが良いでしょう。

Vue.jsの特徴は?

Vuejsの主な機能

Vue.jsとは、フロントエンド開発において、特にUI(ユーザーインターフェース)を作成するために用いられるJavaScriptフレームワークです。

頻繁に使う機能を簡単なコードで再現することができ、またDOMの操作もずっと楽になります。

最近のJavaScriptフレームワークの特徴でもあるコンポーネント指向で作られたフレームワークで、コンポーネント(レイアウト上の各パーツ)も充実していてフロントエンド部分を簡単に開発することが可能です。

他のフレームワークでは、設計思想をフレームワークに反映させるために独自の規格やルールも多く導入されていますが、Vue.jsではこうしたものが少なく、学習難易度が低いことも特徴です。

また、個人で開発を行う上でも使いやすいです。

JavaScriptではJQueryのように高機能なライブラリもありましたが、多方面に対応できる一方で不要な機能も多く、またシングルページアプリケーションなど最近のトレンドの中では使いにくさが目立つようになってきました。

Vue.jsは、シングルページアプリケーションのように、ページの切り替えを行うことなく多くのデータを表示するようなページで特に有効で、さまざまなWebアプリで利用されるようになっています。

参考:Vue.js公式サイト
https://jp.vuejs.org/

Vue.jsでできること6選

Vue.jsでできること

Vue.jsでできることをいくつか紹介します。

おすすめのプログラミングスクール【無料あり】エンジニアが解説!プログラミングスクールおすすめ5選

双方向データバインディング

Vue.jsはデータバインドに特化したフレームワークと言えます。

双方向データバインディングでは、データの変更があればUIの表示を更新し、UIの変更があればデータの更新を行うように自動化されます。

一例を挙げると、テキストボックスに入力されたデータに応じて即時に出力されている文字が変わるといった処理が可能です。

ディレクティブ

Vue.jsの特徴的な機能で、HTMLに独自の属性を付与して、DOM操作を行う機能です。

Vue.jsでは、DOMの操作だけでなく、イベントハンドリングもディクティブを用いて行うことができます。

そのため、DOM操作のための複雑な構文を多数記述することがなくなります。

クラスを利用可能

JavaScriptでは使えなかったクラスを利用することが可能です。

Vue.jsでは連想配列の形でクラスを作成し、さまざまなデータの入れ物として活用することができるため開発の幅も広がります。

テストのためのツールを利用可能

Vue CLI には、JestやMochaを使って簡単に単体テストを行うためのプラグインオプションがあります。

公式の Vue Test ユーティリティもあり、作成したアプリがしっかり動作するかを簡単に検証できます。

TypeScriptも利用可能

Vue.jsは基本的にJavaScriptのためのフレームワークですが、プラグインを利用することでTypeScriptにも対応します。

データに型を指定することができることや、多くのエディタでプラグインによって補完機能が使えるようになって開発速度が高まります。

Angularやreactなどのフレームワークを覚えたい人にも良いでしょう。

軽量かつ最小構成を可能にする

Vue.jsはその容量が非常に小さいため、サーバー内に設置せずに外部のサーバーから読み込む形でも十分に機能し、動作も高速です。

また、他のフレームワークのように雑多な機能がないため、最小構成でのアプリ開発を行うことが可能です。

これはマルチデバイスを意識し、ページの表示速度が意識されるようになったSEOにおいて非常に大きなアドバンテージです。

あなた
なんだか難しいけど、いろんなことができるのね

 

Vue.jsでは難しいこと3選

Vuejsでは難しいこと

Vue.jsは便利ですが、実現が難しいことも存在します。一例を挙げますので、導入時の参考にしてください。

チーム開発に向かない

チーム開発ができないわけではありませんが、Vue.jsでは基本的にチームで連携しての開発をサポートするための機能が備わっているわけではありません。

コードの記述方法や、各コンポーネントやファイルのバージョン管理などは各自の責任になりますので、GitHubなどを利用しながらチームで管理方法を決定しておく必要があります。

URLのルーティングはできない

Vue.jsでは、URLのルーティング(同ページ上での擬似的なページ遷移)を単体で行うことはできません。

そのため、公式でも他のライブラリなどを利用することが公式でも紹介されています。

そのため、ルーティングを必要とする場合には管理が複雑になることもありますし、単一のページ以外が表示されない扱いになり、アクセス解析やSEO上の不都合が生じることもあります。

古いブラウザには非対応

最近は古いブラウザがほとんど無くなっていますが、Vue.jsを利用して作ったサイトは古いブラウザでは見ることができません。

実質上の問題は少ないですが、一応覚えておきましょう。

Vue.jsの特徴とできることまとめ

まとめ

Vue.jsは後発のJavaScriptフレームワークですが、それだけにAngularやReactなどの先行フレームワークと比較すると、割り切ってシンプルさと学習効率の良さに重点が置かれていると言えます。

フロントエンド開発を効率的に行いたいエンジニアが、フレームワークの利用を考えるならまず最初の選択肢として学習すると良いでしょう。

あなた
まずはチャレンジあるのみ!