クラウドワークスでのライター業務は未経験でもできる?経験者が解説!

最近、副業などで注目されているのがクラウドソーシングのサービスです。

クラウドソーシングには在宅でできる仕事がたくさん募集されており、その中で最も多いのがライターの業務です。

私たちが見ている調べ物をしたときに出てくる記事は、ほとんどがこういったライターの業務で書かれている文章になります。

やってみたいと思っても、どうやって始めればいいのか、やり方を悩んでいる人も多いと思います。

ではどうすればいいのでしょうか。
未経験でもクラウドワークスでのライター作業はできるのでしょうか。

クラウドワークスとは

ライター業務をやってみようと思った時、まず最初にクラウドソーシングサービスに登録する必要があります。有名なところで、クラウドワークスというところがあります。

クラウドワークスは、登録者数が国内最大とされている、クラウドソーシングサービスの一つです。

実績も高く、簡単なアンケートや質問案件から、高単価の専門的な案件まで、幅広く取り遣っており、実績も多く、発注率も高いサービスです。

副業やライティングとなると、クラウドワークスに登録している人は多いのではないでしょうか。

ライターの業務を未経験で始めようと思ったとき、クラウドワークスであればマニュアル完備や初心者向けの案件も多いのでおすすめです。
登録は無料ですので、まずは登録をしてみましょう。

クラウドワークスを見てみる

クラウドワークスでライターの業務を選ぶコツ

未経験でライターの業務にチャレンジするにあたり、どのように仕事を選べばいいのか。

私自身の経験を踏まえて、そのコツを見ていこうと思います。

ライター未経験OKの業務を選ぶ

業務を始めるとなった時、まずは未経験OKもしくは初心者歓迎といった仕事を探すことが大事です。

これに関しては、それほどハードルは高くありません。ライターの業務に関しては、多くの方が未経験から受け入れをしてくれています。

仕事を探していくと、タイトルに【主婦さんや女性の未経験・初心者限定】や【初心者歓迎!】などと書かれている案件がたくさんあります。

仕事の詳細をみてみると、中の説明に初心者でも大丈夫と書かれている場合もありますので、気になった仕事の詳細をしっかりと呼んでみるるようにしましょう。

小さなライター業務からチャレンジする

ライターの業務は、ある程度の文字数の原稿を書く必要があります。短くて1500字ぐらいから、多ければ5000字ぐらいのものまで様々です。

文字数が多ければ多いほど、当然金額が高くなるわけですが、未経験から入る場合は、まずできるだけ文字数の少ないものを選ぶようにしましょう。

多くても2000字ぐらいまでが限界だと思います。

2000字がどのぐらいかというと、400字詰め原稿用紙5枚分で、Wordでいうと2ぺージ強というところです。これだけ書くのも、慣れるまでは結構大変です。

最初から文字数の多い仕事を狙うのではなく、文字数が少なめの仕事から慣れていくようにしましょう。

テンプレートやマニュアル完備のライター案件を選ぶ

ライティングには書き方の決まりがあります。

何件もこなせば大体の概要はつかめますが、細かいところは仕事によって異なります。

できればマニュアルやテンプレートがきちんと準備されている案件を選ぶと、文章の構成が楽にできるので、おすすめです。

テンプレートやマニュアルがあるかどうかは、仕事の詳細を見てみると書いてあるものがほとんどです。

書いていなければ、気軽に質問をして確認してみるのもいいですよ。

スケジュールに無理のないライター案件を選ぶ

ライター業務は、定期的に原稿を納品するパターンがほとんどです。

1日に1本~2本のペースを要求されるところも少なくはありません。

どのぐらいライティングに時間が割けるかですが、最初のうちはペースがつかみにくいのが実際です。

テストライティングを準備してくれているところも多いので、それをやってみて1本あたりどのぐらいかかるのかを見ることができますが、最初から仕事を受けるとなるとかなりのハイペースで書くことを要求される場合もありますので、気を付けましょう。

たとえば、納品記事数が5記事となっていた場合、5記事をいつまでに納品する必要があるのか、そのスケジュールで大丈夫かはしっかり判断する必要があります。

評価を確認する

仕事をするからには、やりやすいクライアントであるに越したことはありません。

添削をきちんとしてくれたり、書き方を教えてくれたりと、クラウドワークスのクライアントはやりやすい相手が多いと思います。

そのクライアントの評価を見ると、過去に仕事をした人のコメントなどもありますので、未経験でも大丈夫かを確認する一つの方法として使うのをおすすめします。

クライアントの評価は、仕事のクライアント名のリンクを押すと、左の方に星で評価が表示されています。

その横に書かれている件数をクリックすると、過去のそのクライアントの仕事状況が見ることができます。

 

クラウドワークスを見てみる

クラウドワークスでのライター業務に慣れてきたら本気で稼ぐ

数をこなせば、短時間で記事を書くこともできるようになります。

コツさえつかめれば、ということですが、このコツをつかむにはとりあえず書くことしかないと思います。

そうしてだいぶかけるようになったな、と自分に自信が付いたら、今度はどんどん難しいライターの仕事にもチャレンジしていきましょう。

ライター案件の単価を上げる

ライターの仕事は、文字単価が0.1円や0.5円といったものも少なくありません。

単価が低いと、どれだけ数をこなしてもなかなか稼ぐことはできません。

単価が高いということは、文字数が多かったり、専門分野の内容だったりすることも多いですが、調べることに慣れてくれば、多少難しい内容でも記事にすることはできるようになります。

2000文字の原稿で単価0.5円ということは、1記事1000円です。これはだいぶ高単価になります。

逆に安いものだと2000文字で単価0.1円という場合もあり、これだと1記事200円です。同じ文字数でもだいぶ単価が変わってきます。

同じような条件で書くのであれば、より高い単価のものを選ぶ方が得です。

単価が高い仕事でやれそうなものがある場合は、どんどんチャレンジしていきましょう。

得意分野のライター案件にターゲットを絞る

単価が高くても、なかなか苦手な分野や知らない分野の記事を書くとなると、調べることに時間がかかってしまい、結局あまり特にならないことも多いです。

自分のできるだけ得意とする分野でかくことができる仕事を探して、そこで本数を書くようにすれば、単価が低くても稼げることもあります。

映画が好きな人は、映画のあらすじなどを書くライティング、お出かけが好きな方はグルメ関連のライティングというように、自分の得意分野を記事にすれば、調べる時間も短縮できて書くにも困ることは減ります。自分が持っている専門知識があれば、フルに活用しましょう。

クラウドワークスを見てみる

まとめ:ライター未経験でもクラウドワークスで仕事はできる

クラウドワークスでライター業務

未経験でもライターの業務をやることは可能です。

今ライターとして仕事をしている人も、ほとんどが初心者から始めているわけです。

クラウドワークスは、未経験者優遇の仕事も多いので、うまく探せば勉強しつつスキルアップしていける案件もあります。

調べることも多いですが、自分の知識を増やすことにもつながるので、無駄になることはありません。調べることが苦手な人には少し厳しいかもしれませんが。

難しい、単価が低い等でやめてしまわずに、こつこつと書いて、ライター経験値を上げることも大事です。

ライター業務をやってみたい、と思っている方には、あきらめずに頑張ってほしいと思います。