経験者が選ぶ、おすすめのドメイン取得サイト3選

独自ドメインの取得サービスには色々な種類があります。
どこを利用すればいいのか、どこでもいいのか、悩む人は多いと思います。
取得するドメインの種類によって、金額が異なりますし、ほしいドメインを取り扱っているところといないところがあったりもします。
ドメインの取得方法は、企業としてとるのか、個人としてとるのかという視点条件に合ったコストパフォーマンスが一番重要になると思います。
今回はそんなドメインについての説明と、私が実際に使用したことのある取得会社を3つ紹介しようと思います。

ドメインとは

ドメインとは、インターネット上におけるコンピューターの住所という表現をされます。
ホームページ公開やメールアドレスなどの作成には必須のもので「****.jp」「****.com」という表示をURLで見たことはあると思います。
このブログで言うと、「engineers-hack.com」がドメインになります。

では、ホームページを作るときなど、どんなドメインでも取れるのかというと、そういうわけではなく、いくつか規定があります。

たとえば「.co.jp」。これは、営利法人用とされる株式会社など一般的な会社組織向けドメインです。「commercial(商業)」と「Japan」をあわせたものです。
後ろに「jp」が付くものは、日本で使えるドメインになります。
企業が使用するメリットは、「日本の営利企業です」ということをアピールできるという点です。

最近多くみられるのが「.com」「.net」などのドメインです。こちらは、一般の企業や個人が自由に利用できるドメインです。「.jp」などに比べて費用が安いので、こちらを取得する会社も多いです。「ドットコム」という表現は、大手企業でもよく聞きますし、語呂もいいという印象をよく聞きます。
実際、私の顧客などでは簡単で分かりやすいということで「.com」を取る方が多いです。

他にも、「.shop」というお店専門のドメインや、「日本語.com」のような日本語ドメインというものも登場しています。
アピールという点では、日本語ドメインはかなり視認性が高く注目されやすいのがメリットです。
ただ、ブラウザでは自動的に日本語に変換してアドレスバーに表示されますが、メールなどに書くときはピュニコードという特殊文字列に変換されてしまうことがあるので、注意が必要です。

ドメインの取得方法

ドメインを取得する方法として、一般的には2種類の方法があります。
一つは、レンタルサーバーと一緒に契約する方法、もう一つは専用のドメインサイトで取得することです。

レンタルサーバーで取得

ホームページを公開する際に必要となるのが、レンタルサーバーです。そのレンタルサーバーを契約すると同時に、ドメインも取得することができます。
サーバーと一緒にドメインを契約すると、ドメイン取得会社で取得するよりも金額が割高になりますが、サーバーにドメインを設定する手間などが省けますので、ユーザーとしては設定が簡単です。
企業でホームページを取得し、ドメインも同時に管理したいという場合は、同じレンタルサーバーで取得しておく方が、一元管理ができて管理上とても楽になります。

ドメイン取得会社で取得

価格は安いのですが、設定は自分で行わなくてはいけないので大変ですが、コスパを重視した人には、こちらがおすすめです。
大体のレンタルサーバーは、独自ドメインの持ち込みOKなので、別にドメイン取得することはできますが、そのドメインをサーバーで使えるようにする手続きは自分でしなくてはいけません。
更新の管理も別々になりますので、管理するサイトが増えたりすると大変になってしまいます。

使い分けとして、企業のサイトを取得する場合はレンタルサーバーと一緒に取得して、個人の場合は安くドメイン取得会社を使うというのが、私自身のお客様に提案する時のパターンです。
もっとも企業であってもコスパ重視の場合は必然的にドメイン取得会社一択になることもあります。

Whois情報の代理公開を考える

取得時に気を付けなくてはいけないこととして、Whois情報がありますので、補足しておきます。
そのドメインを誰が所持しているかという「IPアドレス」や「ドメイン名」「組織名」などの情報は、ネット上で公開されており、一般の人でも検索が可能な情報です。企業としては商標登録の問題が発生したときに権利を主張できるという利点がありますが、個人情報保護の観点からすると、企業の場合はよくても、個人の場合は取得者の情報が公開れるのは嫌だ、という方も多いと思います。
そういう時に使えるのが、ドメイン業者が取得者になってくれる代理公開の制度です。
私も個人で運営しているサイトに関してはこれをしています。
各ドメイン取得時やレンタルサーバーからの管理画面等で、代理公開を選択できるので、情報公開が嫌な場合は代理公開を選択することをおすすめします。

おすすめのドメイン取得企業

ドメインの金額は、キャンペーンを行っている場合は安くなったりします。
状況にもよりますが、大体この3つを押さえておけば、ほしいドメインを、安く手に入るれられかと思いますので、チェックしてみてください。
ドメインは、購入するだけではなく、毎年更新手続きをしなくてはいけません。そのたびに更新費用というものが発生します。
購入時に安く手に貼っても、更新費用が高ければ意味はありませんので、更新費用も確認するようにしておきましょう。

・お名前.com

https://www.onamae.com/

GMOグループが運営するお名前.comは、ドメイン取得の超大手といっても過言ではないのでしょうか。
ドメインを取るならお名前.comという人は多いと思います。ドメインの累計登録数は2,000万件と、その種類の多さは国内最大級とされています。
全体的に金額も安いので何かと使用機会の多いドメイン取得サイトです。
どこのレンタルサーバーを使うという決まりがない場合は、お名前.comで取得して使用することが多いです。

・エックスドメイン

https://www.xdomain.ne.jp/

親となる運営会社が、レンタルサーバーでおなじみのXserverです。
実際、私は企業のホームページをXsrverで契約することが多いので、一緒に取ることが多いです。管理パネルも同じですので、更新手続きもあわせてできるし、設定も楽というメリットがあります。
レンタルサーバーを契約すると、ドメイン1個が永久無料というキャンペーンを定期的にしてくれているので、その時に申し込めばかなりお得です。

・ムームードメイン

https://muumuu-domain.com/

GMOペパボ株式会社という、またまたGMOの関連会社が運営しています。
ロリポップ!レンタルサーバーと提携しており、ムームードメイン経由でロリポップ!レンタルサーバーを契約すると、初期費用が500円引というサービスもあります。
先に説明したWhois情報の代理公開が、申し込まなくてもデフォルトでついているので、初心者には設定忘れ等がなくおすすめです。

まとめ:ドメインは気に入ったものを安く手に入れよう

いかがでしたか?

ドメインは基本的には早い者勝ちです。どうしてもこれがいい、というこだわりがある場合は、ほかの人に取得されていないか早めに確認することをおすすめします。
そして、一度取得したドメインは基本的にずっと使うものになります。

しっかり検討して、最適なドメインを選ぶようにしてください。

SEO対策のプロも愛用。検索順位チェックツールGRC