必要なスペックは?プログラミングにおすすめのPCの選び方

スマホが普及したとはいえ、まだまだパソコンの需要がなくなることはありません。
インターネットや画像修正など、自宅にパソコンを持っている人は多いと思います。少なくとも一家に一台はパソコンがあるのではないでしょうか。

日常で使っている分には、それほどパソコンの性能について意識することはないかと思います。しかし、プログラミングを行うとなると、そういうわけにもいきません。
パソコンがどのような性能を持っているかによって、プログラムを作成する時間や効率が大幅に変わります。

では、これからプログラミングをする場合、どのようなパソコンを選べばいいのか、今持っているパソコンを買い替える場合にどういう基準で選んだらいいのか。

パソコンの選び方とおすすめのパソコンについてまとめていこうと思います。

目的別でみるパソコンの種類

自分が目的とする、作りたいものは何なのか。
それによってパソコンの種類が決まる場合があります。

OSの種類

パソコンには2種類のOSがあります。OSというと一瞬悩む人もいるかもしれませんが、簡単に言うとWindowsかMacかという選択です。

これからRubyを勉強しようとしている人や、iOSアプリの開発を行おうと思っている人には、Macがおすすめです。
iOSアプリの開発にはApple社が開発した統合開発環境の「Xcode」を使用することになります。この「Xcode」のインストールはMacでしかできません。また、Rubyに関しては、Macはインストール済みなので、インストールの手間が省けます。

Ruby以外の開発言語や、PCゲームの作成が主であれば、Windowsを選んで問題ありません。
むしろ、WEBシステムやホームページの作成であれば、Windows環境を選択することをおすすめします。

ノートパソコンかデスクトップか

プログラミングという点に関しては、デスクトップとノートパソコンのどちらを選択しても問題はありません。
フリーランスで働くことを想定していたり、パソコンを持ち歩くことが多い場合は、ノートパソコンを選択することになります。
デスクトップの利点は、キーボードやマウスなどの周辺環境にこだわりたい場合や、機能拡張ができる点にあります。また、同じスペックで比較すると、デスクトップのほうが安く手に入ることの方が多いのが現状です。

パソコンを選ぶポイント

パソコンを選ぶ際に重要なのは、自分の使いたい用途に合った性能を持っているパソコンを選ぶ必要があります。
また、プログラミングをする上で、最低限必要なスペックというものがあります。
これはWindowsやMac関係ありません。

メモリの容量は?

開発を行う場合、開発環境と実行環境を同時にパソコン内で動かすことがほとんどです。メモリが少ないと、プログラムを実行が難しくなりますので、基準として最低でも8GBはメモリを確保するようにしましょう。

CPUは?

CPU(中央処理演算装置)は、人間でいうところの脳にあたります。CPUの性能が高ければ、より複雑な演算処理を行うことができます。

有名なのは、Intel社が販売している「Core i」シリーズです。i3、i5、i7があり、数が大きいほうが性能が高くなります。また、この性能は金額にも比例します。
日常的に使用する程度であればi3でも構いませんが、プログラミングや画像編集などを行う場合は、金額面から見てもi5を選ぶことをおすすめします。

ストレージの種類は?

データを読み書きするためのストレージは、SSDとHDD(ハードディスク)に分かれています。
SSDのほうが、HDDより高速に処理を行えますので、プログラミングをするのであればSSDのほうがおすすめです。金額は高くなりますが、HDD+SSDという両方の組み合わせを持ったパソコンもあります。
容量としては最低256GBは確保しておきましょう。

Officeは?

プログラミングに欠かせないのが、プログラムの仕様書や定義書です。
また、顧客へのプレゼンなどでパワーポイントを使用することもありますので、フリーのソフトもありますが、OfficeのExcelとWord、PowerPointは、最低限パソコンに入れておくことをおすすめします。

ディスプレイは?

画面が小さいと、プログラミングがとてもやりづらくなります。
開発用の環境と仕様書のエクセルを開いて同時に作業したり、テキストエディタを立ち上げたり、ウェブで調べ物をしたりと、並行したい作業も多いです。
一般的に、プログラミングをする上で最低限必要な画面サイズとして、13インチ以上、できれば15インチあれば、見やすさがあがります。
画素数はフルHD(1920×1080ドット以上)がいいですよ。

デスクトップパソコンにすれば、画面サイズも大きいディスプレイを選択することもできます。また、ノートパソコンでも、外部出力でディスプレイをつなぐことで広く画面を使うこともできます。

おすすめのPC3選

では、プログラミングにおすすめのパソコンを3つ紹介していこうと思います。

MacBook Pro

MacOSを搭載しているAppleのノートパソコンです。
iOSアプリの開発はもちろん、初期状態でPHPやRubyの環境やWEBサーバーもがンストールされています。
サイズは13インチと15インチがあり、15インチのCPUはCore i7になっています。

MacBook Pro(Core i5/13インチ/メモリ8GB/ストレージ128GB)
Apple公式サイト

HP Spectre x360

HP(ヒューレットパッカード)はアメリカに本社を置く世界シェアNO.1のメーカーです。
性能の高さと価格の安さから、コスパを求める人におすすめです。

「HP Spectre x360」は、CPUがCore i5またはCore i7、メモリも最大16GB搭載しています。ディスプレイを取り外してタブレットして使えるタイプなので、ちょっとした持ち運びにも便利です。
いくつかモデルがありますが、キャンペーン期間に買えば10万前後で購入できたりクーポンがあったりと、コストパフォーマンスもとても良いノートパソコンです。
クーポンでOfficeが安く手に入るのもおすすめのポイントです。

HP Spectre x360(Core i7/13.3インチ/メモリ16GB/ストレージ512GB)
HP公式サイト

Dell XPS 13

DELLは受注生産方式でカスタマイズできるのが特徴です。

この「XPS」シリーズは、スタイリッシュなデザインと高パフォーマンスが特徴です。最小重量も1.8kgからと薄くて軽量のノートパソコンです。
別のモニターに出力するためのHDMI端子がないため、別売りのUSBポートをHDMIに変換するアダプタなどを購入する必要があります。

Dell XPS 13(Core i7/13.3インチ/メモリ8GB/ストレージ512GB)
Amazon

まとめ:目的と用途に合ったパソコンを選ぶ

いかがでしたか?
プログラミングをするとなると、ある程度のスペックがないと、開発作業自体がうまく進まずストレスを抱える結果になってしまいます。
価格も重要だとは思いますが、自分の目的と用途に合ったスペックを持つパソコンを選ぶようにしましょう。